スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア文学試験の感想

ロシア文学は、比較的採点がやさしいらしいと聞いていました。

しかし、私はCでした。考えてみれば、「××文学」とつく科目は、合格したほぼ全ての科目がCです。Dもかなりあります。

結構いっぱい書いたのですが、他の人はもっといっぱい書いているのかもしれません。
問題もほぼ教科書の順番に出題されています。
四月は18世紀から出題されDでした。ということで今回は19世紀と予想しました。19世紀でも教科書前半から出題されました。
ということは次は、19世紀の中で教科書後半のトルスト『戦争と平和』とか『櫻の園』あたりが予想されます。
きっと皆さんそのあたりは重点的に学習されているのだと思います。

スポンサーサイト

7月試験結果

7月試験結果がKCCに載りました。

レポートも合格していて単位修得した科目は...

人文地理学
ロシア文学
この2科目です。予想通りです。
レポ不合格科目は試験も期待できません。これで専門科目の修得単位は55単位となりました。
このうち、3類かもくは26単位、テキスト科目は51単位です。

国文学・国文学史などは不合格です。
次回また、受験します。

kccチャンネルをみました

他の方ブログに前回の試験結果が載ったとのことでしたので早速のぞいてみました。
しかし、ひとつも増えていません。
いやな予感です。

私が見たブログの方はたくさん合格した模様です。
その方は、緑の紙にはんこももらっているようですし、私と違って卒業が目前のようです。

スクーリングの感想

たった一週間のスクなのに疲れています。
3期受講されている方は疲れないのか不思議です。
また、地方から来て3週間家を開けるとホームシックにならないのでしょうか?

夏スクで会った人ともおそらく2度と会うことはないと思います。
そういえばかつて
「落として来年もこんにちはということのないように」
と講義でおっしゃられた先生がいました。
ちなみにその講義は落としました。
試験は持込可だったと記憶しています。

次の試験のレポの締め切りも迫っていますが、前回ほとんど合格していないと思いますので、特にあわてる必要はないでしょう。

スクーリングおわりました

スクーリングから帰ってきました。
午前の試験は結構書きました。
しかし、図書館情報学は途中退出する人はいませんでした。
「答案を受け取ったひとからはじめてよろしい」でした。
検索の問題、「原子力 災害」(間にスペースあり)と「原子力災害」で検索することの違いなど全部で4問でした。
4番は、選択問題で試験直前に授業されたことから出題されました。

ちなみに授業中配布した資料(書き込み可)、ノートのみ持込可です。

午後はまた今度書きます。
しかし、午後の受講生は午前以上に勉強熱心な方ばかりです。
そういう人でないと卒業できないのかと思うと落ち込みます。

スクも合格率があまりよくないのでCでいいですので、先生方よろしくお願いいたします。

スクーリング5日目

夏スクも今日で終わりです。

授業の中身を書いても良いのですが、先生の雑談を書きます。

慶友会の講師派遣や試験監督に行った話をしておられました。
料亭などに連れて行かれていい仕事だとかおっしゃておられました。
かと思いきやワタミだったとか文句を言っていました。

どこかの都市では「慶友会がないので作ることをすすめた」とかおっしゃっておられました。
その後できたらしいです。
「湘南慶友会は特に大きい!!」
講師派遣に大きな教室が埋っていてびっくりされたそうです。


試験監督でも、懇親会に出席するとお金がもらえるらしいです。もちろん出席して初めてもらえるとことです。
しかし、慶友会のない地区の試験監督ではもちろん懇親会もありません。残念だととのでした。

わたしなら、試験監督なら休みの日に借り出されて地方に行かされて夜も付き合わされるなど大変いやな仕事です。

まあ、そんな方は少なくとも講師派遣に呼ばれないでしょう。

今回担当されている先生は講師派遣に呼ばれている先生であることはわかりました。


今日はスクーリング最後です。がんばりましょう。

スクーリング4日目

スクーリングも4日終わりました。
今日の午前の図書館・情報学の演習は、担当の先生がそのまま演習の授業もされました。
文献の探し方を改めて聞いてよかったです。

最近、レポートを書くときはアマゾンなどで検索したのちに地元図書館で検索することが多い。
アマゾンは、「最近この本を買った人はこの本も買っています」というものが出てそれが適当な参考文献であることが多い。

通信の市販採択本たとえば、「都市社会学」を入れると、まず、指定参考文献がでてきて、更には、慶應通信のテキストや参考文献がほぼすべて「最近この本を買った人はこの本も買っています」に表示されます。他の人の参考文献を簡単に調べられます。

試験については何もおしゃられませんでした。

午後は急に授業が進みました。他の人はよくわかっているようです。

もともと慶應通信には向学心旺盛な人が多い…。
本当はこのような人ばかりだとありがたいと大学は考えているのではと思ったりしてます。
だいたい、スクーリングも単位は足りているが、それでも来ているような人もいます。

ひとつでもAを増やしたいのかな…。

スクーリング3日目

スクーリングも半分過ぎました。
来年の受講に備えて今から科目の選定を考えています。

まず、受講生の多そうな科目...これは、多分単位の取りやすい科目です。
実際に講義が聴けたらいいのですが、その時間はこちらも授業中です。
困ったものです。

それから、書道のことをブログで書いている人がいたのですが、結構、書道の先生らしい人が受講されているとか...。
そんな人が書道の指導を受けても物足りないのではと思ったりしています。

体育実技でも、ゴルフにプロゴルファーの学生もいれば、クラブを初めて握るという人もいるはずです。
プロゴルファーにクラブの握り方を教えても仕方ないですし、どんな授業をしているのやらと思ったりしています。

先生もやりにくいはずです。
一番心配なのは、ゴルフの例でいえば、私以外全員プロ級の人が来た場合です。
その場合、先生はきっとプロ級に合わせた授業をされるはず、...
そこに私のように、クラブを握ったことのない人は全く授業についていけません。
さてさてどうなることやら。

図書館・情報学

今日は「図書館・情報学」の2日目でした。
この科目100人近くはいます。抽選漏れのひともいるはずです。

谷口先生は今回通信でははじめて授業をされるそうです。
20代から60を超える学生が幅広くいる普段とは違う授業にきっと驚いていると思います。

情報検索演習は担当の先生ではなく、図書館の人が講師として教えられました。

一応、先生もおられました。
ということは演習は評価の対象外?
と考えたりしました。
図書館の文献検索方法を知ることができました。

しかし、「担当された講師の名前は?」とか試験にでるかも?
ある大学の数人の先生が講義をされる科目で実際に出題されました。

試験は配布プリントとノートのみ持込可のようです。
「筆記試験にて評価」と書きながらなぜか出席を取っています。この出席はなんでしょう?

とりあえず単位がもらえることを祈ります。

ニューズレター慶應通信8月号

ニューズレター慶應通信8月号が届きました。

卒論指導の申込みをしなければなりません。
他の人は進捗状況をどのように書いているのでしょうか?

科目試験の申込書もついています。

三色旗8月号も届きました。
卒業生の声が載っています。

昨年表彰学生だった人です。
ブログも拝見したことがあります。同じFC2ブログで「おっさんのはなしを...」とかタイトルがついていたような...。

この方は、同じ指導教授の元で大学院にいったようです。
よくできる人は違います。この人の真似などできません。
たとえで言えば、オリンピック選手と同じ練習をすれば怪我をするというのと同じような感じです。

たまにはかろうじて卒業したという人の声を載せて欲しいです。
プロフィール

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。