スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本史特殊1レポ返却

日本史特殊1のレポートが返却されました。

B(合格)でした。

2ヶ月近くかかりました。長谷山先生のサインがありました。
その先生かどうかはわかりませんが、長谷山著の本も参考文献に掲げました。
講評(コメント)もありましたが、見直してみると文字化けしているところがありました。

このブログでは文字化け防止のため原則としてローマ数字は使用していません。
「日本史特殊1」は「日本史特殊Ⅰ」が正しい科目名です。

7月は、ロシア文学受験のため早くても10月です。
持込可のうちに受験したいです!!
スポンサーサイト

スクーリング科目の選び方

いまごろになって気づいたのですが、
スクーリング科目を選ぶのに講師派遣で呼ばれている先生の科目を選ぶのがよいということを感じました。

今までスクに参加した科目の先生で日本全国のどこかの講師派遣に呼ばれた先生はいないようです。
昔のことはわかりませんが...。

よくよく見ると都市社会学を採点されているらしい先生が最近、近隣の慶友会の講師派遣に来られていました。
あまり講演内容に興味がなかったので参加しなかったのですが、今頃になって行っておけばよかったとおもったりしました。

どのような先生か知りませんが、小林節先生(憲法)は、講師派遣に呼ばれたことを喜んでおられるように三色旗に書いておられました。講師派遣は行きたくてもよばれない限り行くことはできないシステムのようです。
「どのようにしたら講師派遣によばれるのか?」と小林先生に聞いた先生もいるらしいです。



来年は、講師派遣に呼ばれている先生の科目を選ぶ方向で検討してみるつもりです。

科目試験受付票届く

科目試験受付票が届きました。

国文学史・近代日本文学・国文学など全科目許可でした。
しかし、今回は全科目持込不可です。
1科目でも合格すればいい方かもしれません。

夏スクの科目選定(その2)

夏スクですが、井上先生の英語学は、Eスクでも取れるので今回は見合わせることにしました。

それと本当かどうかわかりませんが、レジュメが英語で書かれていたとか、毎回のレポートは英語で書かなければならなかったとか聞きました。

Eスクの試験は持込可です。Eスクの方が合格しやすい科目かもしれません。

夏スク申込み

夏スクを申し込みました。

書道はせっかく当たったのですが、あきらめて2期だけにしました。

せめて1科目だけでも合格するといいな...。

ロシア文学の試験の感想

四月試験は残念ながら18世紀からの出題でした。
18世紀はあまり読んでいませんでした。
次回は、19世紀と思ってがんばります。
しかし、どの人が出るのか、わかりません。

予想問題とかないでしょうか?

国文学史の試験の感想

前回は、井原西鶴に関した穴埋め問題と
土佐日記、更級日記、蜻蛉日記を時代順にならべ知るところについて述べよ。
というような問題でしたが、土佐日記はチラッとみたことはありましたが、蜻蛉日記は漢字すらしりませんでした。

通信学生の中には、カルチャーセンターで国文学を教えているいるような人もいます。
今年、卒業した人の中には実名でブログをやっています。国語の教員免許も取ったらしいです。
そんな人と同じ試験を受験をしても合格するとは思えません。
いわば、高校の先生と中学生が同じ試験を受験しているようなもの...。

次回はどんな問題が出題されるのでしょうか?

『方丈記』『徒然草』を時代順に並べ知るところについて述べよとか...。
穴埋めも井原西鶴の次は何でしょう?

夏スク 仮登録科目の結果

夏スクの仮登録科目の結果が届きました。
書道・図書館情報学
ともに許可でした。
書道は外れてばかりでしたのであたったのはうれしいのですが、
二つの科目は2期と3期で時期が異なりますので、はてさて困ったのもです。
予算の都合もあり、どちらかしか受講できません。

どちらにした方が良いでしょうか?
図書館・情報学は、評価方法が「筆記試験」...

「筆記試験」で良い評価は期待できません。
過去に慶友会の講師派遣に参加したときにも、
スクーリング科目で、ほとんど、とりやすい科目の情報は得られませんでした。

一つだけ聞いたのは「英語」です。
「ネイティブの先生の科目は会話に自身がない限りやめたほうが良い」
とかです。でもでも、英語はもともと受講資格がないので聞いても仕方のない情報なのですよね。

ニューズレター慶應通信6月号

ニューズレター慶應通信6月号が届きました。
試験の持込可の科目は変更なしです。


卒業生の名前が三色旗に載っています。
知っている人の名前はありませんが、偉大な方だと思います。

岡原先生を指導教員とする学生が大変多いようです。

一度近隣の慶友会の講師派遣があれば行ってみたいものです。

読書感想文

わたしは、かつて「読書感想文」という宿題は一番嫌いな宿題でした。

しかし、今、レポート課題で感想文的課題はそれほど嫌いではありません。

試験で、「感想を書きなさい」という問題の場合、内容はともかく形式てきなことも重要らしい。
規定分量の8割以上とかあと誤字・脱字がないかとかです。
さらにひらがなが多いとそれもまた減点…。
間違った日本語や口語的な表現を使うとそれもまた減点です、
たとえば、「だなぁ-」などと書くと減点です。

このブログも減点だらけかも...。

卒論指導の先生は見ていない、あるいはみていても、自分の指導学生とはきずいていないと思います。
このブログを見ている先生の感想を知りたいものです。
プロフィール

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。