1月試験結果

いつもの白い封筒は届きませんが、他の方のブログでkccで結果が見られるとのことで早速のぞいてみました。

白い封筒を開けるドキドキ感はありませんが、さてさて結果は...

4科目合格でした。
都市社会学
オリエント考古学
20世紀のフランス文学
現代英語学
です。数だけでみると今までになくたくさんの科目の合格でした。
単位数も10単位増えました。
これまで10回の科目試験で専門科目は、30単位だったわけですから、これまでの平均を大きく上回ります。

ただし、、評価はあまりよくない科目が多い...
というわけで、評価は恥ずかしいので省略します。

専門のテキストは40単位となりました。
ちなみにスクは4単位です。
スポンサーサイト

西洋史特殊1レポ返却

西洋史特殊1のレポートが返却されました。

合格でした。。
別の科目で10月試験で試験は合格したのですが、その試験の直後に出したレポート(つまり10月下旬提出)が
いまだ未返却です。どうなったのかな...

西洋史特殊1は、どのような参考文献を使ったかは後日書きます。


次回の試験は、近代日本文学はやめて西洋史特殊1にします。

西洋史特殊3とは大違いです。

西洋史特殊3レポート

西洋史特殊3は、試験は通ったもののレポートが合格しない科目…。
その再レポに取り組んでいます。
複数回提出し郵便料金が15円では送れない状態です。

他の方のブログにヒントはないかと見たのですが、みなさん苦労されているようです。
「あきらめた。」とかいてあるものもありました。

「川北稔編『イギリス史』(新版世界各国史11)山川出版の50ページ前後を参照するとよい。」と書いてるブログもありました。

優秀な先輩の中には1回で合格した人もいるのですが、その人がどんなひとか見てみたいものです。

2013年に課題が変わったので
「イングランド封建制度の特質と構造」のお題で書けるのもあと1ヶ月半くらいです。

困ったものです。
ではでは、みなさんなぜこの科目に取り組むのかというと…
試験が「持込可」だからだと思います。


卒論指導申込み

kcc-channelをのぞいてみたら、卒論指導申込みが届いたことがわかりました。

レポも届いたら「受付済み」とわかる機能があるとうれしいです。

他の通信制大学ではすでに実施されているところが多いらしい。。



人数も多いので実施するのは大変かも...。

ある大学では電算化は新入生から順次実施したらしいです。
ですので、移行期間は二つのシステムが並存して事務局は仕事が増えて困ったらしいです。

しかも通信制大学は10年以上在籍する人もいますので、移行期間が10年以上かかります。
何をするにしても時間がかかるのが通信制大学です。

国語学

国語学のレポートを作成しました。

手書きは疲れます。
高校時代、英語は苦手でしたが、国語はもっと苦手!
慶應通信での英語のテキストはいまだ1科目も合格していません。


ただ、このままでは次回試験は国文学関連科目ばかりになりそうです。。

A群 国文学史
B群 近代日本文学
C群 国文学
D群 国語学
E群 国文学古典研究2-1

どれもあまり合格しそうにないです。
というわけで他の分野の科目をいくつか受験するつもりです。

4月試験にむけて

だんだん合格しやすいといわれる科目がなくなっています。

さてさて次回はどんな科目を受験しましょう。

ということで
E群は次回、「国文学古典研究2-1」を検討しています。
ということでレポートの下書きを書きました。
「仮名草子の成立について」がお題です。


なお、このブログでは原則としてローマ数字は文字化けすることがありますので、アラビア数字を使用しています。
「国文学古典研究2-1」の「2」は正式にはローマ数字です。

D群も「日米比較文化論」はお蔵入り科目にして「国語学」を検討しています。

ところで、「お蔵入り科目」とは…
「レポは合格したものの試験は複数回受験し不合格で当面受験する予定のない科目」を勝手に命名しました。


「レポ貯金」とか書いている人がいますが、「レポ貯金」は試験の順番待ちのような科目であり意味合いが異なります。

ニューズレター慶應通信2月号

ニューズレター慶應通信2月号が届きました。
教科書の書き換え情報が載っています。
「フランス語4部」「教育史」「日本美術史」などです。

幸い「お蔵入り科目」(レポは合格したが、試験は複数回不合格の科目)は無いようです。
お蔵入り科目だと折角レポートが合格していてもそれが無効になります。

教育史は試験・レポとも不合格でした。あきらめました。

フランス語4部は私が試験を受験している会場で試験を受験している人はあまりいませんが、試験は現在はフランス語では唯一の「持込可」の科目。
2部3部は「持込不可」ではありませんが、「辞書のみ持込可」で「持込可」ではありません。

受験すれば合格する穴場科目かもしれません。
ただ、非常に不思議なことに卒業要件上は2部や3部の方が価値があります。

卒論指導の申し込み

卒論指導の申し込みの日が近づいています。
しかし、あまり進捗していない。

ということでどのように書いたらよいのやらと思っています。

他の方のブログをみてもどのように書いたのかは記載されていません。

ただ、「何も進捗していません」と書いたというブログはありません。
進捗していないのに「順調に進んでいます」とも書けません。
具体的に書かないといけません。
現在、専門科目の修得単位は34単位、ここまでくるのに3年近くかかっているわけですから、
単純計算であと34単位修得するのに3年ちかくかかります。

さてさて、どうしましょう。


プロフィール

ABC

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR