10月試験結果届く

10月の試験結果が届きました。
さてさて結果は、
合格して単位となったものは
社会心理学(2単位)
国文学古典研究4(1単位)

1単位科目は、なんとなくそんな科目です。
もう1科目合格しましたが、レポが合格していません。
のこり3科目はDでした。
Aはひとつもなく、3単位しか増えませんでした。合格率はわたしにしてはよかったのですが、
本当によかったのかどうかよくわかりません。


日米比較文化論はまたまた再受験です。持込可なのでとりあえず再受験します。

残りの不合格科目はあきらめるかお蔵入り科目にして別の科目を再受験の予定です。
スポンサーサイト

新・英語音声学のレポ返却

続きを読む

ニューズレター慶應通信11月号

ニューズレター慶應通信11月号が届きました。
さてさて今回は、次の科目試験の申込書が同封されています。

以前は年5回科目試験があったらしいです。
受験したい科目がたくさんあるのでうらやましいです。

夏期スクの写真が載っています。私は参加していないのでもちろん参加人数に含まれません。

先生の写真が載っているのはわかりますが、体育実技の中には学生の顔がわかるように載っているのはなんとなく気にかかります。
なるべくならこっそり受講したいので私はあまり載せて欲しくはないです。
とはいえブログを書いているひとでこれは私だというような写真はあるのかな...とか思ったりもしています。

先生の中には上着まで着ておられる方がおりますが、さぞかし暑いのではと思ったりしてます。
今年参加したわけではありませんが、過去に参加したときは冷房はあったものの暑かったというのが一番の思い出です。


人数では40代の学生さんの参加が一番多いのですよね。


卒論指導(初回)

こんにちは。
卒論指導に行ってきました。
場所は日吉でした。

私は前回は「予備指導」でした。
今回は初回でしたが、他の方のブログを拝見すると、もうすでに論文構想ができあがっているようですが、私の場合、かなり初歩的な指導でした。
さてさてこれからどうなることやら。


細かな話ですが、指導の先生は教授でも准教授でもありません。私とはしては教授に見てもらいたいです。
というのも卒業試験までたどり着けるかわかりませんが、仮に卒業試験の時、主査の先生が偉い先生で、副査があまり偉くない先生の場合、副査の先生がいじわるな質問などしにくいと思うからです。
ところが副査の先生が偉くて、主査があまり偉くない先生の場合、意地悪な質問とかされて不合格ということにもなりかねません。私の場合、間違いなく副査の先生の方が偉い先生となります。


先生は、「卒論は最終的には副査の先生も見るので副査の先生が納得するようなものでないとダメだ」というようなことをおっしゃていました。
副査は誰が決めるのでしょうか?
三井先生の卒論の指導の手引きとかいう本では、主査の先生が副査の先生を探してくるように書いていたような気がします。なんともいえませんが…。

わたしがのんびりしている間に先生が准教授になるかもしれません。
プロフィール

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR