その他

卒論登録ですが、「学部を変更しない限り在籍期間中有効です」とありますが、この言葉、普通の大学では次のようにかいてあります。
「学部を変更しない限り卒業まで有効です」
なかなか卒業できない...ということを暗示している文言ですね。
スポンサーサイト

1月試験

一月試験が終わりました。
6科目一応受験しました。

社会学史は持込可だから合格できるかもしれません。
都市社会学、20世紀フランス文学は、不合格のようです。
今回レポートが合格しているのはこの2つだけ..ということは取得単位は0のような感じです。

西洋史概説1は、レポートも試験も何度も出したり受験したりしています。きっと先生はあきれているのだろうとさえ感じています。

ちなみに私の今までの平均合格率は約3割です。
昨年1月試験は1科目だけの合格でした。

卒論のテーマ

卒業論文のテーマに困っています。
卒論指導の説明会では、テーマは「興味・関心のあることから選ぶとよい」というありきたりの説明でした。

卒論テーマ集とかあればと思ったりも。
yahoo知恵袋にも「卒論のテーマの決め方」とかの投稿がありました。なぜか高校生でも質問している人がいるんですよね。

文学が好きで文3類を選んだわけではありません。
そこで1類に変更しようかと思いましたが、「まずテーマを決めて、そのテーマで書きすすむ上でこれは1類にあたると判断されたらそれから変更しても差し支えない」と事務職員は、言っていたのだよね。

でもでも、まるっきり文学と関係のないテーマというわけにもいきません。

とりあえず何か調査票にかいて提出しないといけません。

卒論説明会で聞き間違え?かもしれませんが、
前回の指導では、指導申込者が859人
そのうち初回が約240人
そのうち予備指導約30人
再提出15人
とのこと。

他の方のブログで再提出とされた方のを見つけました。しかし、その人は「かなり高度な内容で適当な指導教員がいない」との理由だったのですよね。そして別のテーマで卒業したようです。
ですので、再提出15人が必ずしも、予備指導にも至らないような内容だったとは限らないのです。

せめて再提出15人にならないようにしたい...。

考古学レポート返却

考古学のレポートが返却されました。
残念ながらDでした。
再レポをたくさん抱えていますが、又ひとつ増えました。
大半が2月中旬ころの期限です。

再レポ期限は6ヶ月ですが、課題の有効期限が2ヶ月半ほどしかありません。
急がなければなりません。

科目試験受付票が届く

科目試験受付票が届きました。
さてさて、今まで、占領していた外国語科目がなく、今回は初めて6科目すべて専門科目です。

社会学史、20世紀フランス文学、西洋史概説1などです。
私の今までの平均合格率は約3割です。
昨年1月試験は1科目だけの合格でした。
今回は少なくとも3科目合格を最低目標にしました。

正月の初詣が祈願のご利益があるのでしょうか?

2回目、3回目の受験という科目は4科目。。

3回目の科目は「3度目の正直」「2度あることは3度ある」のどちらでしょうか?

試験だけでなくレポートも合格率は約3割!

すでにレポートが合格しているのは実は2科目だけです。
残り4科目の中には、再レポに期限が近づいているものもあるのですよね。


慶友会に入ろうかと思いましたがやめました。

私は、以前一度だけ慶友会(地元とはやや離れた)の講師派遣に参加したことがあります。
適当な卒論のテーマのヒントはないかと思ったからです。
しかし、やはり「興味・関心のあることをテーマにするとよい」という内容の返信だったんですよね。

講師派遣の先生はどのように選んでいるのだろうと思っています。まあどの先生でも似たような答えだとは思いましたが...。


ところでその慶友会は2年に一人しか卒業生はいないとのこと。
会員が何人いるのかしりませんが、結構会場はいっぱいでした。

大学の公式情報で、(卒業者数)÷(入学者数)で計算した卒業率は10%。
もう少し、卒業生がいてもおかしくないのにと思ったりしました。


活動内容も、英語の勉強会が中心とのことです。もちろん英語も大切ですが、それは第一歩。


というわけで慶友会に入ろうかと思いましたがやめました。
プロフィール

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR