スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信制大学の選び方

通信制大学の中でどこに行こうか迷ったとき、まずは「通信教育の合同説明会」に行くと思います。
ただ、ここにくるのは事務職員であり在学生の立場にはなっていません。
例えば、「どこの学科が最も卒業しやすいですか?」に対し、
興味関心のある学科を選ぶのが卒業への早道です!」という誰にでもできる回答でした。

在学生も実はよその通信にはあまり詳しくありません。
入学して間もないころ「通信教育つれづれ」というサイトを見つけました。(アドレスを勝手に書くと失礼なのでご自身で探してください。)
このサイトは、科目等履修生を含め多数の大学に行かれた方で、在学生の立場から書かれています。
このサイトの作者は慶應通信の経済を卒業しています。入学前に見ていたらどんなに参考になっただろうかと思うことです。

ただ、この方のブログには書いていませんが、私は英語に自身がないなら慶應通信は勧めません。
入学前に「英語を12年間受け続ける人もいるのですか?」と聞いたところ、
その事務職員は「いないわけではない」という回答でした。即ち、いるということです。
もしも今後通信制大学に入学を検討される方がいたらぜひぜひ「通信教育つれづれ」を見ることをお薦めします。
スポンサーサイト

慶應通信

慶應通信に入学した人は、なぜ慶應のような卒業が難しい大学を選んだのだろうと思っています。
私はというと自分でもよくわかりません。もちろん、入学願書にはもっともらしいことを書きましたが...。

文・法・経済学部いずれも法政日大にもあり、おそらく卒業は慶應よりも簡単だと思います。
例えば日大の法は卒業論文は選択です。 
大阪学院の通信はなんと卒論も必修科目もありません。

レポートと試験の関係について

慶應通信はレポートを提出すると試験を受験できる。
通信ではこれが当たり前のように思っている人も多いと思います。
法政や近大・創価大学なども同様です。

しかし、中央大学・東洋大学・大阪学院大では合格して初めて試験が受験できます。

ですので、これらの大学の通信に通っている人からすると4月に入学し、7月に受験するなど夢のような話です。私は2011年4月に入学し、7月に6科目受験できたこと自体が喜びでした。


慶應では、科目試験を受験するためのレポート提出期限が試験の2ヶ月近く前、 でもでも近大は近大で試験を受験する場合、「レポートを提出したその日に受験可能」   らしいです。と近大からのDMに書かれている。 
「10月1日に入学し、10月の試験受験可能」
但し、受験料が500円いるらしいです。


もしも、慶應通信が合格して初めて受験できるような大学なら、「政治学」や「英文学特殊」など試験問題など作る必要のない科目かも...

放送フランス語レポート返却

放送フランス語のレポートが返却されました。
結果は

通常ならば「合格」と大喜びですが、この科目...試験2回+レポートの総合評価
ですので、試験があまり期待できないだけにレポートでがんばっておかないといけない科目です。

4月の試験はおそらく難問であまり期待できないだけに厳しい状況かもしれません。

他の方のブログを拝見していると殆どの方がAでした。
夏スクのときにあわてて出したのがよくなかったのかもしれません。
後から見直してなぜこんな解答を書いたのかと思うところもあります。

1月試験申込み

1月試験を申し込みました。

今まで外国語が試験枠の半分近くを占領していましたが、今回は初めて6科目とも専門科目です。


再受験は「都市社会学」と「20世紀フランス文学」です。
この2科目はレポートも合格済みで、今回こそ合格をと思っています。
しかし、適当な対策法がありません。

のこり4科目はレポは不合格です。「西洋史概説1」などは無効でないだけましかも…。
プロフィール

Author:ABC
FC2ブログへようこそ!
2011年4月に慶應義塾通信教育部(文3類)に入学いたしました。
「12年かかっても卒業!」が目標です。
大学からかなり離れたところに住んでいます。
みなさまのアドバイスをよろしくお願いいたします。


バーナー広告が表示されておりますが、私とは無関係です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。